化学の効率的な勉強法とは?医学部で高得点を目指せ!

化学はほとんどの医学部入試で必須の受験科目として指定されていますが、得意不得意がはっきり分かれる分野であるだけに苦手な人にはとことん敬遠されがちな科目でもあります。

化学は基本の部分さえきちんと理解すればあとは比較的スムーズに応用まで進むことができるため、見方を変えればむしろ勉強しやすい科目であると言うことができます。
効率の良い勉強法をマスターして、苦手な人でも化学を得点源に変えましょう。

化学でまず覚えておくべきこととは

大学レベルの化学は大別すると、「理論」、「有機」、「無機」の3つの分野に分かれます。

医学部の入試ではこの3分野からバランス良く出題されることになりますが、比率としては理論の割合がやや高めに設定されているため、まずは理論のほうから重点的に攻略していくのがオーソドックスなアプローチとなります。

理論の分野には化学を理解するうえで重要となる基礎的なエッセンスが含まれているため、理論をきちんとおさえておけばその後の学習においても大きなアドバンテージとなります。
これは文系科目にも共通する勉強法で、最初に大まかな概念を頭に入れておくことにより細かい規則などが理解しやすくなります。
はじめから暗記に頼ろうとすると、応用の要素が特に強い化学では逆効果になりやすいため、地道な基礎固めを心がけましょう。

医学部ではどういう問題が出題されるのか

医学部入試では理論の出題比率が高く、化学の中でも最も重要な分野であることを意味しています。

理論につづいて出題比率の高い無機ではおもに金属や原子、素粒子について学び、物質の分子構造などもこの分野に入ります。
物質の質量や容積を算出するため複雑な計算式を多用する傾向があり、数字に弱い学生はかなりの確率でここでつまずきます。

有機は生物を扱う分野で、医学部本来の学習範囲に最も近い分野と言えます。
また、試験の種類によっても出題の傾向が異なります。

センター試験では比較的教科書レベルに沿った基本的な知識や理解を確かめる問題が多く、私学の一般入試では大学ごとに工夫を凝らした問題が出される傾向にあります。

進学先に合わせた勉強法を作っていこう

医学部と言っても最終的にめざす方向性によっていくつかの路線があり、それに合わせて勉強法を変えていく必要があります。

化学は特に分野が多岐にわたっており、覚えるべき知識の範囲も膨大となります。
ただやみくもに目についた項目から手をつけていては効率的な知識の定着は望めません。
かぎられた期間で集中的に必要な知識を蓄えるためには、体系化された勉強法をできるだけ早い段階で身につけておく必要があります。

私学の一般入試では、大学ごとに出題の傾向がかなり異なります。
より具体的には理論、有機、無機の出題バランスが変わってくるということで、出題率の高い分野にポイントを絞った勉強法の習得が不可欠となります。

まとめ

化学は医学部入試においてキーポイントとなる分野です。

出題傾向には大学ごとに特色があり、受験前にはあらかじめ焦点を絞った勉強法を確立しておくことが肝要です。
基本的にはベーシックな理論をきちんと理解したうえで応用に取りかかるのがわかりやすく、安易に丸暗記に頼るのはかえって学習効率を下げることにつながりかねません。

大学ごとの出題傾向は公式ウェブサイトで手軽に調べられるため、なるべく早いうちから志望大学の特徴を把握しておきましょう。

この記事をシェアする