医学部の受験計画が、合格を左右する!?

受験勉強は効果が出るように学習を進めることが大切です。特に医学部受験はハイレベルな競争のため、漠然と試験科目の勉強を積み重ねるよりも、確実に合格できる受験対策を立てることが必須となります。特に現役生は、授業や部活動があるため、志望校合格に向けた自由な勉強時間が短時間しかない、と限られていることでしょう。

入試までの限られた時間を有効利用するためには、どのような学習計画を立てていけばよいでしょうか。

学習計画を立てておくメリットとは?

学習計画を立てておくメリットは、効率的に受験勉強を進めることにより、確実に得点アップを狙えることにあります。医学部受験では、高得点を出してもわずか1点差で運命が分かれるほど、レベルの高い争いが繰り広げられています。年々医学部志願者数が増えていることもあり、毎年厳しい戦いとなっているのです。

狭き門に合格するためには、入試までに残された時間を無駄なく使うことが大切です。限られた時間でいかに集中して苦手潰しや演習を繰り返し行い、得点アップできるかどうかが合格の分かれ目となるでしょう。勉強の合間の息抜きや、生活そのものをどう過ごしていくか、という点も学習計画のポイントとなります。上手に学習計画を立て、毎日をスケジュール管理できれば集中力も上がり、最大限の力を発揮できるでしょう。

計画を立てる前にやるべきこと

まずは計画を立てる前に目指す医学部の過去問を解き、どの程度解答できるか把握することです。自分のレベルと大学試験問題レベルを知り、その差を埋められる学習計画を立てる必要があります。志望大学が決まったら怖がらず、過去問で最初の一歩を踏み出しましょう。

学習計画を立てるときは、現実とよく向き合うことが大切です。大学名に左右されず自分に合う志望校を選び、志望校のことをよく調べ、自分の資質に向いているか、本当に目指せるレベルかどうか情報収集を行いましょう。

過去問の合格ラインと自分の得点に何点の差があるか、苦手な教科や範囲はどこかなども、勉強を始める前に弱点を明確にしてください。それを踏まえて弱点を克服できる教材選びを行い、学習計画を立てていくと良いでしょう。

医学部に合格するためにはどんな計画を立てるべき?

医学部に合格するためには、入試当日までを複数期間に分けたり、科目単位で計画を立てて勉強を習慣化させたりしましょう。入試までの全体、2週間、3か月といったように、複数期間に分けて考えます。だいたい夏までには、苦手克服や試験科目における全範囲の学習が終わるようにしましょう。

秋からは、過去問や演習を集中的に行い、抜けているところは基本に戻って確認します。12月に入ったら、集中的な過去問演習やセンター試験対策が必要です。基礎を忘れないためにも、常に反復学習の時間を設けることも大切です。勉強を一日の生活に習慣的に組み込むことで、確実にレベルアップしていけるでしょう。

そのためには夜はしっかりと睡眠時間を確保した上で、早朝学習をするなどの計画を立てることがおすすめです。

まとめ

受験勉強の学習計画を早めに立てておくと、志望校の医学部合格のために現実的に行動することができます。そのためには早くから志望校の入試情報を集めるようにしましょう。計画を立てるのが早ければ早いほど得点アップにつながるため、医学部受験を決めたら1日も早くスタートすることをおすすめします。長期休暇には、ライバルを意識して集中力を維持するためにも、予備校の講座や自習室を利用することをおすすめします。

この記事をシェアする