浪人生になっても大丈夫!来年こそ医学部受験成功を目指す

医学部ともなるとそう簡単に入れるものではありませんから、浪人生になっても諦めず合格を目指しましょう。

浪人生になると、現役時代と比べ毎日の学習リズムがくずれがちになりますので、自分を律する根気と精神力が重要となります。
学習リズムをつくるうえでは予備校も有効なツールと言えます。

最近では浪人生の受験対策に重点を置いた予備校も増えているため、落ち着いて学習が進められるところを選びましょう。

医学部受験で浪人生になる人は割といる

現役からの医学部受験に失敗すると、誰でもその先が一気に閉ざされたような暗い気分になります。

しかし、少なくとも客観的なデータで見れば、医学部受験で浪人生になることはめずらしいことではありません。
気持ちを前向きに切り替えるためにも、浪人生が体験談を綴ったブログを意識的にチェックしましょう。

成功談を読むだけでなく、生の失敗談を読むことをおススメします。
失敗談を読むことで、絶対にやめたほうがいいポイントを具体的に把握しておくことで、効率的な勉強方法にもつながります。

ブログにもいろいろなバリエーションがあり、自分の失敗をただただ自虐的に綴るものから失敗を客観的に分析し翌年の受験につなげようとしているものまで、トーンによって読み手の印象もかなり違いますので、自分にとってためになるブログを選びましょう。

まずは、原因と目標を考えよう

受験に失敗するといっても、その原因によっていくつかのパターンに分類することができます。
最もわかりやすいのは学力が不足しているパターンで、翌年の受験にむけて着実に学力を補強していけば自然と合格できる確率は高まります。

また、自分の学力に合っていない大学を選択し、あきらめずに何年も挑戦しているケースもあります。
この場合は、いったん自分の学力レベルを客観的に見つめ、現実的な大学に変更することで道がひらけるケースがあります。

その他勉強する科目のバランスが悪いことも要因として挙げられます。
基礎学力がいくら高くても、重点を置く科目選びのピントがずれていれば必然的に学習効率が悪くなり、試験当日でも100%の力が発揮できないことになります。

浪人生活をスタートさせるにあたってはまず苦手分野と得意分野を整理し、科目ごとのウェイトを見直すことから始めましょう。

受験成功のために、適切な予備校を選ぶ

現役を卒業して浪人生活に入ると、独学中心の学習スタイルに切り替わることになります。
ひとりで黙々と勉強することが性に合っている人も多いと思いますが、自分で毎日計画を立てて受験勉強を進めていくことが苦手な人には予備校の活用がおすすめです。

大手の予備校では現役生だけでなく、浪人生にも配慮した学習プログラムを用意しているため、現役生以外の受け皿としても定評があります。

浪人生目線での予備校選びのポイントは、自習室の充実度です。
現役時代よりも自習室の利用頻度が高まるため、より快適な自習室をもっているかが良い予備校の判断基準になるのです。
全体の広さはもちろんのこと、机と椅子の感覚や空調の効き具合など、事前にチェックすべきポイントはたくさんあります。

まとめ

最難関と言われる関西の私立医学部となると、数年間の浪人は当たり前とまで言われています。

浪人生活において大切なのは勉強時間の長さではなく、勉強そのものの質です。
1日のほとんどを受験勉強に費やしても平気な人もいれば、短い時間で集中したほうが学習の能率が上がる人もいるでしょう。

なるべく早い段階で自分なりの学習スタイルを確立し、効率的に知識を積み重ねられた人が最後に笑うのではないでしょうか。

この記事をシェアする