医学部の受験選択科目生物と物理はどちらが良い?

医学部受験の肝は主要三科目ではありますが、やはり差がつくのは理科になります。
化学は皆さん受けると思うのですが、では生物と物理のどちらを選べばいいのでしょうか。

実際の受験層を見てみても、物理選択者も生物選択者も存在するので、これから勉強するにあたり悩ましい点だと思います。
よって、今回は各科目選択のメリット、デメリットを比較しながら、長い目で見たらどちらが良いのか検討してみました。
参考になれば幸いです。

生物の選択のメリット・デメリット

医学部受験でよく言われるのが、理科の選択です。
化学・生物の組み合わせも、物理・化学の組み合わせもよく耳にしますが、今回は生物選択の際のメリット、デメリットを比較したいと思います。

メリットとしては、まず医学部に入学してから、1~2年生で行うような内容が多く、入学する際の予習にもなります。
また、生物は暗記項目が多く、応用問題も数学的処理よりも考察や読解・記述力を問う問題になります。
そのため勉強すれば着実に合格ラインに達することができます。

デメリットとして、難関医学部では、生物の受験者数が少なく難問が出題される傾向にあります。
実際、難関医学部の合格者は、物理選択者多いようです。

物理選択のメリット・デメリット

理科の科目選択において、今回は物理選択の際のメリット、デメリットを比較したいと思います。

メリットとしては、物理が得意な人にとっては、他科目より難易度が低下し得点源となりやすい点があります。
また、一度理解してしまえば、大きく失点することはなくなるというメリットがあります。
いわゆる高得点を出しやすい科目になります。

デメリットとして、物理は難易度が上がれば上がるほど数学的な要素が増してきます。
三角関数の知識や微分の知識など、数学が苦手な人は注意が必要です。
多くの医学部では理科2教科での時間設定をされているところが多く、物理の解くスピードが致命傷になる可能性があります。

さらに、大学に入ってからほとんど使わなく、基礎的な勉強の際に高校生物に戻って勉強しなければならない場面に遭遇することがある点があります。

医師の観点からはどちらが良い?

では医師の観点から、医学部受験の科目選択はどちらが良いかというと、生物だと思います。

高校生物は、生物の基本メカニズム、最新医療の根本となる大事な知識が詰まっていますから、将来に向けた土台づくりには欠かせません。
また医学は、人間という生物を扱う学問です。
そのため生物学は必須となります。

受験で生物を選択していた場合、大学での発生学や分子生物学など生物学に関わるものはスムースに学習できることが多いです。
ただ、これらは大学に入ってから嫌でも勉強することになります。
まずは大学に入らないと話は始まりませんし、物理が得意な人であればぜひ物理を選択してください。

医学部は6年間勉強します。
医師には全体像を把握する力が必要です。

物理の中には、熱力学など俯瞰的な視点を持つ訓練ができます。
また医学における生物学の研究や論文は統計が必要です。
抽象化している各々の情報を全体として統合させることが必要になり、そういった場面でも物理で養った俯瞰的な視点が役立ちます。

そのため、大学受験を終わって終了ではなく、生物・物理ともに高校で選択しなかった項目を大学で補うことが重要です。

この記事をシェアする