医学部予備校と大手予備校は何が違うの?

予備校は大手に入れば安泰、という風潮がありますが、医学部受験においては専門の予備校が高い実績を誇り、高額な学費を押しても専門予備校へ通う生徒が増えています。大手のカリスマ講師の講義や情報量の多さは大きな魅力ですし、専門予備校の医学部に特化したカリキュラムは合格へ一歩近づくように感じられます。

両者の大きな違いは学費で、専門予備校は大手に比べて何倍もかかります。では、どちらの指導が優れているのでしょうか。

医学部予備校の強み

医学部予備校は、合格に特化したノウハウとカリキュラムが魅力です。クラスは少人数制なので講師との距離が近く、講師陣や周囲を固める人たちも、合格を目指すプロ中のプロ。偏差値40から1年で合格へ導く、というキャッチフレーズを持つところもあるほど、実績の高さで群を抜いています。

また受験大学別の対策も万全で、理数系学部全般の対策とは違う、精度を高めた特別なノウハウを持っています。また10人以下の少人数制が多く、生徒一人ひとりのレベルに合った指導方法を実践し、勉強方法をアドバイスしてくれるので、モチベーションを維持しやすい環境です。周囲の生徒も、同じ学部への合格を目指しているので、士気を高めやすく、苦楽を分かち合うこともできます。

大手予備校の強み

大手の強みは、なんといっても優秀な講師陣を揃えていることです。合格に特化したカリキュラムだからこそ、講師との相性は重要です。講義が頭に入りやすい講師を選ぶことができるのは、大手ならでは。また現役生や地方在住者にとって、首都圏と同レベルの講義を受けられるのは大きなメリットです。

地方に校舎が多く、優秀な講師の講義DVDや衛星ライブなどの視聴が可能な点など、充実度が大きいのも魅力となります。ただ、組織が大きくなる分、講師と生徒の距離が遠くなり、同じ学部を目指す生徒も多くはないため、1人で取り組む時間が増えていくと、モチベーションを維持するのが難しくなっていきます。

最終的に自己管理で受験を乗り越える形になるので、自分を律することができない人はかなりの苦戦を強いられるでしょう。

医学部に進学するなら、専門に特化した予備校がおすすめ

大きい学校への安心感は魅力ですが、医学部合格に焦点を絞るなら、専門の学校の方が効率が良く、学力だけでなくメンタルの指導も行き届いているので、学校選びさえ間違わなければ、大手以上の安心感を得られます。ベテラン講師陣が生徒一人ひとりに合った学習方法や志望校を提案し、そこに沿った指導を行い、学習進度もチェックして、精神面も支えてくれるなど、他の予備校にはない至れり尽くせりの手厚いサポートを行っています。

自己管理な苦手な人や、メンタルのコントロールが難しい人には、特にお勧めです。デメリットは学費ですが、合格が目標ならば支払う価値はあります。また、地方に住んでいるために通うのが困難な生徒は入寮できますし、合宿なども盛んに行なわれています。

まとめ

医学部合格に特化するなら、やはり専門の学校が有利となるようです。小論文や面接なども重要なポイントとなる特殊な入学試験なので、点数を取る学力が高いだけでは合格できません。特に重要視されるパーソナリティは、大学により癖があります。学力アップのノウハウだけではなく、大学別の受験対策や個別指導は、合格の大きな鍵になるでしょう。専門の学校には、そのような指導に長けたベテラン講師が揃っているので、学校選択は合格への近道となります。

この記事をシェアする