浪人してしまった…大阪で頼れる予備校ってどこ?

受験に失敗して浪人生活を検討しようとしているときに気になるのは、やはり費用面と学習内容だと思います。

まず費用面に関して、相場はいくらなのか、学習環境としてどんな特色があるのかを踏まえて予備校を絞ってみるのが大切です。
そして通えそうな予備校をいくつかピックアップしたら、カリキュラムで最終決定してみましょう。

浪人生の場合、各科目において未習範囲はないので、早めに応用力の育成や志望校対策に移ることができるのが強味です。
少人数性の予備校は特にその特色が活きると思います。

1年間にかかる浪人生の予備校の費用の相場

受験に失敗して浪人生生活を送るとして、かかる費用はどのくらいでしょうか。

大手予備校などを比較してみると、ざっくり見積もって100万くらいをイメージしましょう。
大阪には、個別指導の塾も多いですから、それらの費用は自分達で調べて比較検討する必要があるでしょう。

1つ大きな違いがあるのは、大手予備校には優等生割引があるということです。
現役時代や大学入試の結果を見せると、どの段階までの学力はある、というように塾側が判断して、学費を一部割引する制度があります。
優秀な生徒を集めたいという予備校の思惑かもしれません。

実際、優秀な生徒が周りにいると、その中で身を置く自分も気が引き締まりますし、周りの進捗と自分の進捗を比べることで学習到達が遅れていないかも確認できます。
ただし、個別指導の塾では、それを客観的に見て指導してくれる教員がいて、二人三脚で学習を進める面が大きいです。

どちらもオススメできるので、費用面を打算して、よく検討してみてください。

浪人した場合の予備校の選び方

医学部入試で浪人してしまった、という方へ、確かに現実を受け入れるには相当な辛い思い、ダメージがあるとは思いますが、どんなに悔やんでも現実は現実、次へのステップを踏むことがとても大事です。

大阪で実際にどんな予備校があるかというと、医歯薬獣に特化した塾があります。

現役のときは大手予備校に通っていたとした方にも、高校生の時はあまり勉強がうまく行かなかった人も、高校でも専門の塾に行っていた方にも勧めたいと思います。
どんな方法にしろ、高校での履修科目に関しては1回は聞いたことがあり、基礎はある程度は完成されているからです。

そこから、志望校合格に向けて足りない力を伸ばせばいいわけで、志望校も決まっている以上、ゴールは明確であるので、各々の最終目標に合わせた、特化した勉強を進めていけばいいからです。

浪人や再受験に強い予備校の特徴とは

専門の予備校に通うといい、という話をしてきましたが、このような塾は特に浪人や再受験の方に強い予備校だといえます。

現役の場合、合格のためには、まず履修項目の基礎力を向上させ、その後問題演習を解きながら、応用力の養成が必要となります。
そのため、専門に特化した予備校に行こうと、集団授業の一般的な予備校に行こうと大差はないのです。

逆に、早くから志望校対策ばかりを意識し過ぎると、頻出分野以外の演習がたりず苦手分野を生む原因になってしまいますし、ペースも狂ってしまうデメリットがあります。

しかし、浪人生の場合は、高校時代の下地があることが多いため、基礎もわかる所は流して、わからない所を基本から徹底して行えばいいですし、よって、応用問題への着手も早くから行えます。
その状況下では、早々から志望校に特化した勉強ができる環境にあると、効率よく勉強が進められるでしょう。

この記事をシェアする