医学部受験に向けての間違えない大阪の予備校選定マニュアル

大阪で医学部受験のために勉強するとなったら、どのような方法で勉強したらよいでしょうか。
大阪には、数多くの医学部受験対策ができる予備校があります。
どの予備校で勉強したらよいのか、迷っている方も多いでしょう。

予備校ごとに、それぞれ特色がありますし、授業料なども違います。
間違った選択をして、後悔しないように慎重に選びましょう。

そこで、自分に合った予備校を見つけるための予備校選定マニュアルを示します。

医学部対策のある予備校の概要や料金相場

医学部に合格するためには、予備校選びが大切です。
ここでは学校選定マニュアルを示します。

まず、医学部対策をするには、大きく分けると普通の予備校で勉強する場合と、医系専門予備校で勉強するという選択肢があります。
普通の予備校の中には、医学部進学コース、難関大学進学コースなどが設置されているところもあります。
しかし、医学部主要科目にしぼった徹底的な勉強をするのであれば、医系専門校のほうが手厚い指導をしてもらえます。

授業の形式でも、普通の予備校だとクラス授業が基本ですが、医系専門校だと少人数授業や個別指導のため、細かいところまでサポートしてもらえます。

しかし、その分学費は高くなっているようです。
普通の予備校は年間50~90万ほどですが、医系だと100万~700万ほどと幅広いです。

しかし医系の場合学費の中には夏休みや冬休みなどの講習費も含まれている場合もあるので、実際には高くない場合もあります。
学費を比較する際には、その中に含まれている授業の内容もしっかり確認しましょう。

医学部対策のある予備校を選ぶ基準

医学部対策ができる予備校を選ぶ際には、さまざまな観点から比較しましょう。
学校選びの基準をいくつかマニュアルとしてご紹介します。

まずは、授業形式です。
集団授業を行うところと少人数授業、個別指導を行うところがあります。
その両方を併せ持ったところもあります。

集団授業では、自分のペースで進めることはできませんが、多くの受験生と肩を並べて切磋琢磨することができます。
個別指導の場合は、きめ細かい指導が受けられますが、ライバルと競う緊張感に欠けるかもしれません。
それぞれよいところがあるので、自分に合った形式を選びましょう。

次に講師たちです。
医学部の受験指導経験豊富な講師や現役医大生のチューターが多く在籍していると、安心できます。
どんな講師がいるのかもチェックしましょう。

最後に、勉強のサポート体制です。
授業時間だけでなく、自習ができるスペースを設けていたり、気軽に質問できる講師やチューターが常時いるなどのサポートがあるとさらによいですね。
予備校に通うと、それなりの費用もかかるので、その分しっかりサポートしてもらえるところを選びましょう。

医学部対策のある予備校を選ぶ際の注意点

医学部受験対策をするための予備校を選ぶ際には、注意すべきこともあります。
ここに注意点をマニュアルとして2つにまとめました。

まずは、自分の志望校に合った対策ができるところを選ぶことです。
大きく分けると国公立大志望の場合と、私立大志望の場合とでは受験科目や対策方法が異なります。
医学部対策という大きなくくりだけでなく、志望校の対策ができるかどうかをしっかり確認しましょう。

予備校のこれまでの合格実績も一つの基準になります。
自分が志望する大学の合格者が多ければ多いほど、その分の情報があり、対策しやすいでしょう。

そして、次に注意すべき点はこの合格実績です。
単に数字だけを見て判断するのではなく、細かい内容も確認しましょう。

現役生と浪人生の合格者数の内訳、合格率の出し方などにも注意する必要があります。
それに、合格実績が高いから、いい学校とは限らないものです。
数字を絶対視するのではなく、参考程度に考えましょう。

この記事をシェアする