大阪の個別指導がある予備校で医学部受験に勝てるのはどこ?

予備校の授業の形式としては、大きく分けると集団授業と個別指導があります。
どちらもそれぞれにメリットがあります。

しかし、やはりマンツーマンできめ細かいサポートがしてもらえる個別指導は魅力的です。
医学部の受験に合格するために、ぴったりの個別指導ができるところはどこでしょうか。

大阪に、どんな予備校があるのか、どこがいいのかについて調べてみました。
自分にぴったりの個別指導で合格を勝ち取りましょう。

医学部予備校の個別指導とは?家庭教師との違いは?

マンツーマンでの勉強では、予備校の個別授業と家庭教師があります。
どちらも自分に合ったペースで、きめ細かい指導をしてもらえると思いますが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

まず、医学部予備校の個別授業についてご説明します。
医学部予備校の場合、講師はこれまで数多くの医学部志望者の指導をしてきました。
情報量が多く、特に医学部の勉強に特化した指導をしてもらえます。
ただ単にマンツーマンで教科の指導をしてもらえるだけではなく、医学部合格という目標に合った勉強方法も教えてもらえるでしょう。

対して、家庭教師の中には、医学部志望者の指導経験がある方や現役医学部生ももちろんいます。
しかし、教えたことのある医学部志望者の数でいうと圧倒的に少ないでしょう。

その点では、予備校のほうがよりより指導が得られるかもしれません。
しかし、家庭教師の場合、自分のペースで勉強できるだけでなく、自宅での勉強のため移動時間もないのでさらにスケジュール管理がしやすくなるのがメリットです。

医学部予備校の個別指導で得られるメリットやデメリットとは

個別指導にはメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。
この2つを知った上で、自分にあっているかを考えて見ましょう。

まず、メリットはやはり一人一人にあった、きめ細かく教えてもらえるところです。
集団授業でありがちな、きちんと理解できないまま授業が進んでいくことや、逆にもうわかっているのに聞かなければならないということがありません。
勉強したいところだけ勉強できるのです。
自分で勉強内容を選択するだけでなく、講師に勉強内容をアドバイスしてもらうこともできます。

対して、デメリットは、一対一の授業なので、他の受験生と肩を並べて勉強できないことです。
周りに受験生がいると、ライバル意識を燃やしたり、モチベーションを上げたりすることができます。
しかし、ライバルが周りにいないと、今自分はどのくらいの位置にいるのかわかりづらく、モチベーションを上げにくいという難点があります。
受験生同士交流して、情報交換をしたりすることも少ないでしょう。

医学部予備校の個別指導の種類

普通の予備校では集団授業を行っているのが主であるのに対して、医学部予備校では、個別指導を行っているところが多いです。
その種類について、説明します。

まずは、授業形式について比較します。
家庭教師のようにマンツーマンの授業というものがあります。
これだとつきっきりで勉強を見てくれるので、質問しやすく、苦手な科目をどんどんつぶしていくことが可能です。

少人数授業というものもあります。
これも個別指導に入ります。
一人の講師に対して、数名の学生がいます。
他の学生が問題を解いている間に、わからないところを質問し、説明してもらうので、実質的には時間の無駄がなく、一人一人に合った指導をしてもらえます。

次に、教えてもらえる内容です。
個別指導では、基本的には科目の勉強を教えてもらうことだと考えがちです。
しかし、それだけでなく、進路相談やそれを目指した勉強スケジュールの指導まで行ってくれるところもあります。
普段勉強を教えてもらっている方に、対策方法を考えてもらえるので信頼できます。

この記事をシェアする