医学部予備校の費用はどれくらいかかる?

私大医学部の学費に迫る勢いの医学部専門予備校の学費は、大手予備校とは比べ物にならないほどの高額さで、通いたくても通うことができないという話も聞きます。その一方で、医学部への合格実績ナンバーワンは、必ずしも専門予備校ではないようです。

専門予備校には、高い学費に見合うメリットがあるのでしょうか。また、大手予備校との違いは、どこにあるのでしょうか。両者を比較しながら、学費の謎に迫ります。

大手予備校より安いのか高いのか

予備校の学費は、やはり医学部が一番高く設定されています。それでも大手では100万円を超えない程度で、専門校の学費は300万円~600万円といわれています。どれだけ講義をとるかで変化しますが、その差は歴然です。

大手ではカリスマ講師の講義を受けられたり、地方在住でも首都圏と同じ講義を受けられるサポート体制が設けられていますが、個別指導の充実度は専門予備校に及ばず、レベルに合った講義を受けられません。

また、優秀な生徒が多いため刺激にはなりますが、その反面で生徒数が多いため、同じ目標を持った人同士の交流を持つことが難しいので、孤軍奮闘を余儀なくされます。自分で選んだり決めていく自由度は高いのですが、自己を律して合格を勝ち取る強さが必要となります。

医学部予備校の費用が高いワケ

医学部専門の予備校が高額な理由は、10人以下が多いといわれる少人数性のクラスや、個別指導の充実度が挙げられます。大手では何百人もの生徒が同時に講義を受けますが、医学部予備校ではたった数名でベテラン講師陣の講義を受けるので、それだけでも高額な学費の説明になります。

さらに講義をするだけではなく、個別の指導にも力を入れており、個人のレベルと受験する大学に合わせたカリキュラムの提案や、苦手科目のサポートも個別に行います。不安やストレスへの対処法もアドバイスしてくれるなど、合格を目指して全力で支えていく万全の体制を備えています。同じ目標を持った生徒同士も、少人数制なのでコミュニケーションを取りやすく、お互いの存在がモチベーションアップに繋がります。

費用が高くても、質の良い予備校を選ぶのがおすすめ

当たり前ですが、質の高い医学部予備校を選ぶのが最重要です。合格実績やカリキュラムをよく研究し、様々な学校を比較して選んでください。学費が高い理由はわかりましたが、そこまで出すことができないという場合もあります。

多くの学校は費用を一括納入にしていますが、月謝制の学校もあるので、学校選びの参考にしてください。学費の面から大手を選択することもあると思いますが、例えば大手に1年通って合格できなかった場合、翌年も学費がかかります。

1年間、良い予備校に投資をして、そこで合格を勝ち取ることができれば、それ以上の学費はかさみません。また、成績が優秀な生徒は、学費免除や一部免除などの特待生制度を設けている学校もあります。

まとめ

1年間で数百万円の費用は、かなり大きな負担になります。けれど、支払う価値のある講義やサポート体制が揃っているので、それで合格できるならば安いという考え方もあります。自己管理に長けている人や、成績が優秀ならばどこで学んでも同じ結果を得られますが、努力に努力を重ねて合格を目指すなら、医学部に特化した予備校で学ぶのが近道となります。費用を抑えるコツもありますので、合格を目指しやすい環境づくりを真剣に考えてみてください。

この記事をシェアする