個別指導の予備校に通うメリット

予備校といっても、スクールによって対策方法や、力を入れている場所。そして教育方針が大きく異なります。最低支払い月といったものが存在するスクールもあるので、安易に予備校を変えることもできません。そんな中でおすすめなのが個別で学べる予備校です。

そのメリットだけではなくデメリットを説明しています。また個別指導のスクールへ通う際の注意事項や、気をつけるべきポイントも説いているので、おすすめのスクールを知りたい方はもちろん、親御さんにも熟読してほしいとおもいます。

大人数より少人数の方が良い?

大学講座のように大人数の中で授業を受けると、集中できない。これは多くの方が感じたことがあるのではないでしょうか。難関といわれる医学部に合格するために予備校に通っているのに、自分が集中できないのであれば意味がありません。

そこでおすすめさせていただきたいのが、個別指導の予備校です。マンツーマンから最大でも3名程度の少数人で授業ができるので、リラックスした状態で学ぶことができます。また大人数のようにペースを乱されることなく、講座を進められるのでいつの間にか、授業についていけなくなったということもありません。また大学が異なっても、同じ目的を持ったライバルと近い距離で学べるので、個別指導だと自然に意欲が湧いてくる点も、おすすめの理由といわれているのです。

個別指導の予備校に通うメリットとは

個別指導のメリットはなんといっても、自分のペースで学ぶことができる箇所です。少人数でも同じレベルの学生を配置してくれるので、授業についていけないということもありません。クラス制の予備校だと不明点や質問事項があっても、遠慮してしまうという場合もありますが、これらの方法は迷わず質問できるので、大きなメリットといえます。またクラス制だと集中力が続かずサボってしまうという方にも、個別指導はおすすめです。

理由はサボりがすぐにバレてしまうので、勉強しないわけにはいきません。そのため、集中力を絶やすことなく勉学に励むことができます。予備校によってはクラス制、少人数制と分けているところもあります。自分に向いているところを探してみるとよいでしょう。これらを踏まえても、少人数制の予備校は強くおすすめだといえるのではないでしょうか。

個別指導の予備校に通う際の注意点

一見、メリットだらけの個別指導の予備校ですが、いくつかの注意点もあるようです。まずマンツーマンではなく少人数制の場合は、休んでしまうと他のメンバーに迷惑がかかる可能性があることです。ズル休みはもっての他ですが、本当に体調が悪いときも予備校を優先してしまうことも。

そしてもうひとつのデメリットは授業料です。クラス制の予備校に比べて高額になることがほとんどですので、場合によってはその費用がネックになることもあります。いくらおすすめといっても、注意点やデメリットは存在しますので、確認した上で入校していただければとおもいます。近年ではスクールではなく個人契約で、授業を承るタイプもあるようですが学力に差があるため、あまりおすすめできません。よって予備校、個別指導で学ぶのが合格への近道だといえます。

まとめ

クラス制、個別指導と予備校には様々な勉強方法が取り入れられています。そのおすすめされているスクールの中で、自分にあった方法で学ぶのが合格率をアップさせるといえます。ちなみに個別といってもマンツーマン、少人数制と分かれており、それぞれにメリットやデメリットがあります。メリットはリラックスしながら自分のペースで学ぶことができる。デメリットは授業料と人間関係についてです。どちらも一長一短ですので、おすすめの予備校を探しながらしっかり吟味していただければとおもいます。

この記事をシェアする