私立の医大に決めた!受験に向けての必勝勉強方法

私立の医大を受験するとなると、志望校選び、またそれに準じた予備校選びが今後に大きく影響してきます。
志望校を選ぶ際には、合格しやすさなどの目先の情報にとどまらず、医師免許を取得した後にどのように働いていきたいかも含めて考えると良いでしょう。

私立の医大の情報が集まりやすい予備校選びのポイントを簡単にまとめてみました。

自分に合った医大の見つけ方

医大を受験するとして、大学選びはとても重要です。
よく「医学部ならどこでもいい」と考えている学生さん見かけますがそれは1番危険な選択方法です。

医学部は難しいイメージがあるかもしれませんが、実際にはレベルはピンからキリまであります。
1番わかりやすい偏差値で比べても一目瞭然です。
よって勉強をきちんとすれば、費用面などはさておき、どこかの医大には入学できると思います。

やみくもに医大を探し回るのではなく、自分にあった難易度の大学を選ぶことも重要ですし、どんな医者になりたいかでも選択肢が変わります。
大きくわけて国立大か私立大かという選択肢でまず悩むかと思いますが、国立大は卒業してから研究医になる人が多い印象です。
私立大は親が医者の人が多く通い、後々開業医を目指す人にはオススメです。

カリキュラムの面でも、国立大は特に低学年では一般教養も多く専門的な勉強は学年が上がってから始まっていきますし、それに対して私立大は1年生から専門的な勉強が始まります。

医大に向けての予備校選びと諸費用

医大受験の際、予備校選びはとても重要です。
医学部自体も私立大と国立大で学費が全然違います。
これを機にどこまで費用をかけられるのか保護者の方と相談してみるのもいいと思います。

大学と同様、医大受験の予備校には莫大な学費がかかる所もありますし、大手予備校だとしても選ぶコースによっては学費が全くことなります。
センター対策や面接対策は特に自分で進めるのか、マンツーマンですべて面倒を見てもらうのか、自分の方針と照らし合わせて考えましょう。

また、予備校選びに関していえば、年間カリキュラム、講師陣のレベル、勉強の進捗や志望校選びの相談に乗ってくれるといった学生管理制度の充実がまず大きなポイントです。
ただ勉強をすればいいのではなく、最短距離で効率よく勉強できるか、また、その中でも自分に合った勉強法を確立するのがとても大事です。

自習室の利用の有無やその時間帯、利便性や立地環境もストレスなく受験勉強をするには必須の要素ですから、こういった面も含め検討しましょう。

私立医大に合格するための勉強方法とは?

私大医学部に合格するには、まず、マーク形式の大学もあるとは思いますが、マーク対策で妥協するのではなく、常に記述対策を意識して演習しましょう。

というのは、国立大受験者が併願校として私大を受験してくるので、記述対策をしてレベルの高い勉強をこなしてきた人達と戦う以上、マーク対策だけでは問題傾向が変わったなど違う角度から聞かれてきたときの対応の出来不出来で大きく差がでます。
ましてや考察問題では柔軟な思考が必要になります。
マーク対策、として考えても、問題の流れを踏襲して答え進めるという点で記述対策をしておくと全て網羅できるからです。

記述対策として、数学でも理科でも、自分の言葉で説明しながら問題を解くとよいです。
事象を説明するとなると、必ずわからない所、あやふやな所がが出てくると思いますが、そこが実際の入試問題でも重要かつ皆弱点にしているポイントで、狙われる所であり、得点に結びつくポイントなのです。

自分のわかる所、わからない所をはっきりさせるのは効率よく勉強するにはとても重要です。

この記事をシェアする