学費が安い医学部で、お金の節約を考える

よほど裕福な家庭でないかぎり、医学部高額な学費は悩ましい問題です。
実家から独立して自分で学費を捻出する場合は、学費が安い医学部選びから始めることもめずらしくありません。

どこの大学に進んでも取得できる医師免許は日本全国共通なのですから、できるだけ学費の安い医学部を選びたいところです。
私立よりも国公立のほうが学費が安いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。

また、学費の安さとトレードオフになっている要素にはどんなものがあるのでしょう。
学費を基準にした場合の医学部選びのコツをまとめました。

学費が安い医学部はどこにある?

まず、一般的な医学部の学費の相場は国公立で500万円~800万円、私立で2000万円~3000万円となっています。
国公立のなかでも自治医科大学などは、卒業後に大学指定の病院に数年間勤務することを条件に学費を全額免除するシステムを採用しています。

他にも、山間部などに数年間赴任することを前提に学費が免除されるなど、いくつかの条件を受け入れることによって学費を節約することは可能です。

防衛医科大学では、キャンパスで学びながら給料がもらえるシステムとなっており、学費が安い医学部に入りたい人にとってはうってつけの大学と言えます。
ただし、防衛医科大学の場合、卒業後に自衛隊関連の医療施設で一定期間勤務することが義務づけられており、勤務医としての覚悟が必要になります。

一番高い学費はいくらくらいになるのか

トータルコストがかさむイメージのある私学の医学部でも実際の学費にはばらつきがあり、比較的学費が安いとされる慶應義塾大学医学部では約2000万円大阪医科大学では3000万円程度と公表されています。

学費が高い医学部では負担を少しでも軽減するため分納制度が採用されており、大阪医科大学では入学初年度に3期に分割して学費を納入するシステムとなっています。
医学部進学にあたっては、学費以外のコストについても考慮する必要があります。

学費とは純粋な授業料のことで、実際の大学生活ではそれ以外に教科書代など諸々の費用がかかることになります。
少しでもコストをおさえたいのであれば、実家から通える大学を選びましょう。

ひとり暮らしを選択した場合、家賃や食費など月々のコストが15万円程度発生すると言われています。
6年間通いつづけた場合、トータルコストでは最大で2000万円以上の開きが出るという試算もあり、ひとり暮らしの大変さが身にしみる数字になっています。

少しでも安いところに受かるためには

学費が安い大学でももちろん、質の良い医学教育を受けることができます。

但し、安い学費を実現するためにはいくつかの条件が用意されている場合があります。
卒業後の勤務地指定があります。
大学側としては、山間部や離島などのへき地医療に関心のある学生をひとりでも多く確保しようという狙いがあります。

また、学費の安い国公立の医学部では、基礎学力はもちろんのこと総合的な人間力も評価される傾向にあります。
そのため、筆記試験と同程度に面接での対応を重視する大学が多く、医大生である以前に人間としての幅広い教養や見識、コミュニケーション能力など総合的にで評価するシステムが確立されています。

もちろん、主要五教科などの一般的な学力も重視されるため、医学の理解に必要な理系科目だけでなく、文系科目のほうにも力を入れて勉強するようにしましょう。

まとめ

少しでも学費を節約したいのであれば、国公立の医学部に実家から通うのが最善の選択肢となります。
国公立のなかでも自治医科大学などは卒業後の勤務地指定制度により学費が全額免除になるシステムを整えており、志の高い学生が集まりやすい工夫をつづけています。

また、防衛医科大学では医学を学びながら系列の医療機関で働くことで給料をもらえるコースも用意しており、自衛隊関連の施設での勤務を望んでいる人にとっては願ってもない選択肢と言うことができます。

この記事をシェアする