私立の医学部の学費を国立と比較してみた

医学部受験を目の前にして、さぁ志望大学を決めようとなると引っかかってくるのが学費の問題です。
私立医学部3000万かかるといわれていて、国立大学はその10分の1で済むという話もよく聞ききます。

何浪もして国立大学に行く、というような話も聞きますが、自分が興味ある分野が私立しかない場合、奨学金制度をうまく利用するなど私立大学の選択もありだと思います。

私立の医学部の学費は?

私立医学部と国立医学部の違いを比較する、といえば真っ先に出てくるのが学費問題でしょう。
私立医学部は学費はとてもかかるのは有名な話で、3000万円ほどだとかかると思ってください。
もちろん2000万円台、大学によっては1000万円台で済むところもありますが、難易度も人気も高いところが多いです。

私立医学部に進むかは、将来どれだけ自分が医療に従事したいかによると思います。

また、仕事をバリバリこなして、自分で開業したり専門分野で地位を確立したりと、将来なりたい像が明確な方が多いと思います。
私立医学部は、国公立大学と比べ偏差値が低く設定されている場合が多く入りやすいです。

また学費が高い分、教育のカリキュラムや医学の参考書が充実している場合が多いです。

国立・公立大学の医学部の学費は?

私立医学部では学費はとてもかかり、3000万円が一定の基準だという世界ですが、それに対し国立、公立の医学部の学費は約350万円と、約10分の1におさめられてしまいます。
この差は歴然で、だからこそ国立大学に魅力を感じる方も多いでしょう。

ひとえに国立大学がオススメかというと、もちろん入試の難易度も愕然とあがりますから、どうしても医学部に入りたいのか、国立にこだわりたいのか、といったその人自身の考え方に依存してしまう点があるので断言はできません。

しかし、国立大学の場合地方の大学も視野に入れていきますから、ひとり暮らしの準備のお金、6年間の生活費、帰省などで、学費以外の面でもお金がかかります。
よってそこまで考えた上で立地面を検討するのがベストです。

国立大学出身の医者は、大学病院の勤務医であったり、研究医として活躍し実際の臨床現場から離れている方も多くいる環境です。
自分は臨床1本でいきたい、という方は、案外私立の方がその環境は揃っているかもしれません。

一般家庭は私立医学部をあきらめたほうが良い?

医学部で、国立と私立を比較したときの学費の差はとても多いです。
臨床の第一線で活躍する医師も多い私立医学部は、親が医者で自分がその跡を継ぐという生徒も多く見かけるように、なかなかに一般家庭では手を出しにくいイメージがあります。

しかし、国立大学の医学部を受けるとして、併願校で私立を受けるかぎり、私立大学に通うことになる可能性もありますね。
したがって、私立医学部は誰もが無縁の話、というように割り切れる話ではありません。

国立に受からずに私立しか受からなかったとしても、縁のあった大学に通って奨学金制度を利用するのもよい選択肢と言えます。
学費の低い大学と奨学金制度をうまく組み合わせると自分達の負担金が相当安く済ませられますし、奨学金の返済に関しても、自分の大学病院で何年勤務すれば返済不要、といった制度がある大学もあります。

制度をよく調べてみれば、どこも手が届かないという話ではありません。

この記事をシェアする