医学部予備校とは

医学部専門の予備校があるって知ってる?

毎年の厳しい大学受験
皆さんは予備校をどういう基準で選びましたか?
大学を受験するに当たり、一番重要なのが予備校選びですよね。

例えば行きたい大学があるから、この予備校を選んだという方や、距離や学費を基準に何となく決めたという方もいるでしょう。
一般の学部であれば、問題なく予備校が選べられても、医学部を希望するならばどうでしょうか。
私は実際に大阪の医学部予備校に通い、合格した経験を活かし、今回、医学部予備校選びの極意や注意点について、簡単にですがまとめてみました。

まず、医学部は入りたくて入れるという学部ではありません。
勿論他の学部や学科であっても合格するのは難しかったりするものでしょうが、特に医学部に合格するためには、弱点があってはいけません。
よって医学部に入る為にはそれ相応の準備が必要です。

医学部に進学したいという学生には、医学部専用の予備校をお勧めします。
以下にある医学部予備校(大阪の情報を中心として)の情報を参考になさって下さい。

医学部は難しい?

医学部に入るのは難しいのでしょうか?
医学部に入りたいけれど、やっぱり大変なの?と不安に感じている人も少なくないでしょう。

はい、医学部に入るのはやはり難しいと言えます。
どれだけ勉強しても、どれだけ予備校で特訓を積んでも、やはり医学部に入るのは難しいのです。
私が大阪の予備校で受験生だった時分にも、何年も浪人している生徒はたくさんいました。
勿論国立と私立の違いはありますし、大学によって細かい学力差はあるかと思いますが、他の学部に比べるとやはり圧倒的に難関であると言わざる負えません。

大阪府内には多くの大学があるので、国立でも私立大学でも自由に選択が出来ます。
医学部の受験は、卒なく全ての教科で高得点を取る事を要求されます。

私立大学であれば国立と比べて受験科目は少なくなってくるとは思いますが、それでも多くの私立大学が数学(数Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、ABC)と英語、そして理科(物理ⅠⅡ、生物ⅠⅡ、化学ⅠⅡからの2科目選択)が必須の受験科目とされています。
そのため、私立の受験であっても予備校できっちりと勉強する事が望ましいのです。

国公立は更に難しい?

大阪には医学部を設けている大学はいくつかありますし、医科大も存在します。
地方に比べると大学数が多い点は嬉しいですが、やはり大阪や東京等の都会であれば志望者も多く、その分倍率も高くなるので、それなりに覚悟が必要です。

私立大学の受験も難しいですが、国立は更に難しいとされます。
難しいというのは、ひとえに出される問題のレベルが高い、というよりもむしろ受験科目数が多い点がネックとなっています。
受験科目は数学3教科、英語、国語、社会に理科から2教科選択となります。

また国立大学が志望であれば、一発勝負のセンター試験では決してミスが出来ないという点も受験を難しくさせている要因だと言えるでしょう。
センター試験でこれだけの受験項目がありながら、大体の大学が90%近くの点を求めてきますし、とてもプレッシャーのかかる受験を強いられることになります。

予備校ではミスの無い得点を取る為の勉強法を習得し、また二次における小論文や面接などの訓練も行います。
予備校に行った人と行かなかった人の差が、こういった小論文の特訓で如実に現れるのです。

この記事をシェアする