医学部予備校の学費

医学部予備校の学費って高い?

医学部予備校に通おうと思っている皆さんが特に気になるのがやはり学費でしょう。
一体医学部予備校の学費ってどれだけ掛かるのでしょうか。
大阪の予備校を中心にご紹介したいと思います。

まず認識して貰いたいのが医学部の予備校はかなり学費が高い、という事です。
これは大阪だから、東京だからといった関係ではなく、全国的に医学部の予備校はどうしても高くなってしまいます。

その理由は授業形態が個別や少人数制である事に加え、面接対策や小論文対策等、医学部に的を絞った特殊な授業が行われる為です。
個別での勉強を行う事でより丁寧に、且つ一人一人の苦手をピックアップし、苦手教科を克服していく授業を展開する為には、多少の学費は覚悟した方が良さそうでしょう。

医学部予備校と大手予備校の違い

上記に医学部予備校の学費は高いと紹介しましたが、それは大手の予備校に比べればやはりかなりの差がある、という意味です。

一口に医学部予備校と言っても学費内容はピンキリです。
私が通っていた医学部予備校は大体年間200万円程でしたが、この学費は比較的安い方ですね。
学費が高い学校であれば数百万円以上はざらですが、一方で大手予備校と変わらない学費の医学部予備校もあります。

個別指導ではなかったり、自習室に限りがあるような予備校であったり、学生講師を雇っているなどの運営形態、また授業内容によって学費に大きな差があるのです。

授業内容に関しては詳細を調べてみない事には判断もしにくい為、直接説明を聞かれる事をお勧めします。
大阪には大手の予備校も医学部予備校もかなりの数がありますので、自分に合った予備校を選ぶようにしましょう。

予備校の学費について注意する点

医学部予備校を選ぶ際、学費について注意しておかなければならない点があります。

まず学費支払いがどのような形で支払うのか把握しておく事。
HPや入学のパンフレット等にも記載されていますので、間違う事はほぼ無いとは思いますが、予備校には1講座毎に発生するケースや、年間の学費をまとめて支払ケース、また月謝制を取っているケースもあります。
1講座毎の相場は1万円代からといった雰囲気ですが、これもあくまでも目安です。

私が通っていた予備校では年間の学費を入学時に支払っていましたが、模試や集中講座については別途費用を支払っていました。
こういった、年間費以外に後から発生する費用もありますので、特に注意が必要です。

学費をまとめて支払えるのか、月々に分けて支払う方がいいのか、各ご家庭に見合った支払い方法を見極めて下さい。

また交通費も注意が必要です。
大阪や東京といった都会であれば比較的近い距離に予備校があるケースが多いでしょうが、地方に行けば交通費が負担になってしまうという話はよく聞きます。

この記事をシェアする