医学部合格のための予備校の選び方

医学部合格のための予備校の選び方

費用

医学部の予備校費用は、大手予備校ではおよそ50〜100万円、医学部専門予備校は300〜600万円が相場となっています。

費用面から見ると、大手予備校は費用が安く、どの教科もまんべんなく対応してもらえるという点があります。
反対に、医学部専門予備校は大手予備校と比較すると費用はかなり高額ですが、その分専門的に手厚いサポートを受けることができるのが魅力です。

苦手教科を集中的に伸ばしたい、医学部に特化した学校の傾向に合わせ、ポイントを絞った学習をしたいといった人には効率的に合格を目指せるというメリットもあります。

予算も大きなポイントの一つですが、自分が重要視する学習内容も含めつつ検討していきましょう。

合格実績

多くの予備校では合格実績が公表されていますが、特に志望校の過去の合格実績データは必ずチェックするようにしましょう。

特に医学部専門予備校の場合は私立大学の学校別受験対策に力を入れていることが多く、それに応じて合格実績も変わってきます。

合格実績だけを見て決めるのは危険ですが、自分の志望校合格を目指すためにも、その予備校の得意な分野や力を入れている部分の確認をしておくことが大切です。

志望校

予備校を選ぶ前に志望校を絞っておくことも重要です。特に医学部の場合は大学によって行うべき対策が違ってくるため、それに合わせて予備校のカリキュラムも組まれていることも珍しくありません。

国公立大学は「大学入学共通テスト」が必須なので全教科を幅広く学ぶ必要がありますが、私立大学の場合は試験の際に重要視される科目が異なることもありますし、小論文対策が必要な場合もあります。

志望校を絞り、それに合わせた予備校を選ぶことが合格への近道とも言えます。

カリキュラム

予備校によって様々なカリキュラムが組まれています。どのようなカリキュラムが組まれているのか、また内容が自分に合っているかをしっかり検討した上で予備校を選ぶことが大切です。

評判が良いと言われている予備校であっても、カリキュラムが志望校の受験に適していなかったり、自分の学習スタイルにマッチしていなかったりすると、せっかく予備校に通っても学習効率が落ちてしまいます。

種類が多すぎてどのような選び方が良いかわからなという場合は、直接予備校に相談してみるのも良いでしょう。予備校によっては入学前に体験授業を行なっている場合もあるので、実際に授業を受けてみてから決める方法もあります。

講師

予備校選びでは講師の質ももちろん重要です。必ずしも有名な講師が自分にとって良い講師とは限らないというのも気を付けるべきポイントです。

いくら名が知れていて評判がいいと言われる講師でも、カリキュラム選びと同様、自分の学習スタイルに合っていなければ期待する学習効果を得られず合格につながりません。

指導方針がしっかりしているか、過去の合格実績はどうかなど、事前に情報収集をしっかりと行いましょう。
また、自分の学力や適正に応じた指導をしてくれるかどうか、質問しやすい環境にあるかといったことも大切です。

特にマンツーマンの授業を希望する場合は講師との相性もあるので、事前の面談や体験授業を通じて雰囲気を見てから検討しても遅くはありません。自分にとって納得できる講師が所属する予備校を見つけましょう。

設備

医学部受験では長い時間を受験勉強に費やすことになります。そのため、予備校の設備環境が整っているかも大切なチェックポイントです。

授業以外の時間は自習室で自習できる予備校も多いですが、自習室が集中できる環境になっているか、席数は充実しているかといったことも事前に確認をしておきましょう。

そのほか、一日の大半の時間を過ごす予備校になります。勉強に集中できる環境はもちろんですが、リフレッシュできる環境や食事ができる場所があるのか?そういった部分も大切になります。

立地

通いやすい場所にあるかどうかといった周辺環境も予備校選びには大切なポイントです。毎日のように通う場所となるため、駅から近い、周辺にコンビニがある、といった条件は通学のストレスを軽減してくれます。

また、予備校に遅い時間まで残って学習をする機会も多くなると思いますが、人通りが多いかなどの安全面も考慮した方が良い場合もあるでしょう。

あまり賑やかなエリアだとかえって誘惑が多く寄り道をしてしまうという人もいるので、自分に合うのはどのようなエリアかを考え、事前にマップで確認し、実際に昼・夜の時間帯で足を運んでリサーチしてみるのも良いでしょう。

評判・口コミ

予備校の公式サイトや紹介サイトでは基本的な情報が紹介されていますが、実際にその予備校に通って合格した人や、現役で通っている人の評判や口コミも参考になります。

ただし、気をつけなければいけないのは全ての評判や口コミを鵜呑みにしてはいけないということです。
同じ医学部受験を目指す学生という状況は変わりませんが、人によって志望校や得意教科、苦手教科はそれぞれ異なりますし、予備校に求めることもそれぞれ違います。

あくまで評判や口コミは参考程度にし、実際に自分にとって最適な予備校かどうかを見極めることが重要です。

まとめ

予備校には様々な特徴があり、どのように選べば良いか迷ってしまう人も多いと思います。しかし、目標や状況と照らし合わせながらそれぞれの予備校の雰囲気やカリキュラムなど、条件に沿って検討していくことで自分に合った予備校を選ぶことができます。

優先したい条件は何かといった視点で検討するのも迷わない選び方の1つです。
入塾を決める前に、その予備校の情報を集めること、個人面談や体験授業を行なっている場合は積極的に参加してみるのもおすすめです。

自分に合った予備校で学習効率を高め、志望校合格を目指していきましょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、医学部予備校の公式ホームページをご確認ください