受験を乗り切れ!!医学部合格のためのモチベーションアップ方法

公開日:2021.08.19 更新日:2021.08.27
医学部 モチベーション

受験合格を目指すためにずっと机に向かって勉強をしている人も多いと思います。
特に医学部に合格するためには知識を確実なものとしていく必要があり、より多くの時間を勉学に注ぐ必要があります。

しかし、長い時間勉強を行なっているとモチベーションを保つことが難しくなってきます。
知識を確実に身につけ、医学部に合格するためにもモチベーションを保つことはとても重要です。
維持するための方法を知っていきましょう。

モチベーションを上げるには?

受験シーズンに入ると1日中机に向かって勉強している学生も少なくありません。ずっと勉強だけを行なっていると下がってしまうのがモチベーションです。
これを維持できるかどうかが医学部合格に関わってきます。

目標を明確にイメージ

長い期間勉強をしていると何のために勉強しているのかわからなくなることもあります。
これがモチベーションを下げる原因の1つでもあるため、目標をもう一度明確にイメージしましょう

しっかりした目標があれば何をどうやって勉強するべきなのかはっきりし、勉強をする意欲も自然と湧いてきます。

客観的に自分をみる

ずっと勉強をしていると医学部に合格できるのか不安になることがあり、それにより上手く勉強がはかどらなくなります。
客観的に自分を見て、今まで頑張ってきたことを思い返しましょう

勉強の仕方に問題がないかなど、改善点も明確にしていくことにより、勉強のマンネリ化を防ぐこともできます。

小さい目標を立てて達成する

受験合格という大きな目標は達成できるまで長い時間を有します。
努力しても達成できないことはストレスに繋がり、モチベーションが下がってしまいます。

そのため、小さい目標を立てて、それを達成することで成功するイメージを身につけ、ストレス軽減していきましょう。

オープンカレッジに行ってみる

モチベーションが下がる原因として、自分が行なっている勉強方法が正解であるのか不安になることが挙げられます。
それを解消するためにも、大学が一般公開しているオープンカレッジに参加し、実際の教員に質問や相談をしてみましょう。

また、実際に大学の施設や設備を見ることで合格した後の具体的なイメージが湧き、勉強の意欲も上がっていきます

モチベーションに左右されないようにする

医学部へ合格するためにはモチベーション維持はとても重要ですが、維持することばかりに意識を向けると、返って集中が保てなくなります。
集中力を適度に上手く保ち、勉強を効率的に行ないましょう。

勉強を習慣化する

勉強に集中するためにはモチベーションが大事ですが、それに左右され、振り回されないようにすることも重要です。
勉強を習慣化し、モチベーション関係なく当たり前に行なえるように癖付けておくことを心掛けましょう。

最初は計画を立てて、勉強する時間と休憩する時間をはっきり表などに可視化しておくとわかりやすいです。
計画通りにいかないことでモチベーション低下の怖れもあるので、自分に合った方法で習慣化しましょう。

モチベーションが上がらないことは仕方ない

人の集中力は60分が限界とされています。
そのため、ずっと勉強をしていてモチベーションが上がらなくなるのは当たり前のことであり、焦る必要はありません。

医学部への合格は難しく焦る人も多いですが、集中力が切れているのにダラダラと勉強しても効率が悪くなるだけです。
勉強はメリハリをつけて行なうことが重要となるので、集中できる60分間でしっかり勉強し、休憩もきっちり取ることが大切になります。

 

息抜きも大切

モチベーションを維持するには息抜きも大切です。ただ、息抜きもダラダラと行なうのでは効果がありません。
しっかり60分集中して勉強を行なった後、どのように息抜きするかが重要になります。

医療系のドラマや小説を見てみよう

息抜きしている間も知識が身につくように医療関係のドラマや小説を見ておくことをオススメします。
息抜きが大切とわかっていても、勉強していないと不安になる受験生も多いです。
医療関係のドラマや小説であれば、物語を楽しみながら台詞で専門用語を覚えることができます。

また、物語のため作品によっては前向きな言葉も多くので、感動した言葉などメモしておくとモチベーション向上に繋がっていきます。

趣味も大切に

常に専門用語や知識を覚えることに集中していると脳が疲れていきます。

医療とかけ離れた別の趣味で息抜きして脳を一旦休めることも重要です。
簡単な物作りやゲームのようにすぐに達成感を味わえるもので勉強のストレスを解消しましょう。

食べることが好きな人は甘い物を食べることがオススメです。糖分で脳のエネルギーを回復して、しっかり勉強できるようにしましょう。

体を動かしてリフレッシュ!

勉強している姿勢をずっと続けていると体が硬くなり、血行が悪くなります。
そういった状態が続くと体調も悪くなっていくので、さらに勉強に集中できなくなっていきます。

家の周辺を少し散歩するだけも集中力が格段に違ってきます。
健康な体であることも受験にはとても大切なので、集中できる60分を基準に体を動かすことを心掛けましょう。

まとめ

医学部受験は難易度も高く、不安になる受験生も多くいますが、焦らずに心身共に健康を保つことを心掛けましょう。

集中できる時間の限界を知り、しっかり勉強をした後に息抜きをして脳を休めることがモチベーション維持に繋がっていきます。
集中と休憩のメリハリをはっきりすることで効率の良い勉強ができるようになります。
勉強をしている目標を常にしっかり持ち、自然と机に向かう癖を付けておくようにしましょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、医学部予備校の公式ホームページをご確認ください