医学部予備校の学費

医学部予備校の学費

医学部進学を目指して受験を控える多くの人々にとって、これからを左右する予備校選びは最重要課題といっても過言ではないでしょう。なかでも、どのような予備校を選ぶか、または大手予備校や医学部専門の予備校を選ぶかによって変わってくるのが学費の面です。

そして、浪人生として、もしくは現役生として予備校を選ぶ場合にも学費の面で大きく違ってきます。

では、どのくらい違うのか、そして予備校を選ぶ場合にはどんな点に着目するべきかなど、医学部進学を目指す方に、学費の面で最適な予備校選びについてご紹介します。

 

医学部予備校の学費相場

一般コースと選抜コース

医学部予備校の学費についてですが、まずは一般的なコースと、選抜コースというものがあります。多くの予備校で採用されている選抜コースですが、中には採用していない予備校もありますので事前の確認は必要になります。

医学部専門の予備校の学費相場としては、入学金と授業料併せて300万円から500万円程度となります。ただ、予備校によって学費の幅は大きく異なり、授業料自体も追加のオプション制やチケット制、夏季講習などの季節講習など、別途料金の設定がされている場合もありますので細かい確認が必要となります。

これだけ学費に違いが生じるのは、その予備校の目指すものの違いや講師の質、環境設備への投資の違いなどがあります。

逆に言えば、理由もなく高額な入学金、授業料を設定している予備校は、金額に見合ったカリキュラムであるか、サポート体制が十分かなど見極めることが大切です。

選抜コースでは、こうした一般コースでかかる学費が大きく割引、もしくは免除を受けられるなどの利点があります。

しかし、選抜コースに採用されるには、予備校の入学選抜試験で定められた成績を超えることなど、一定の学力基準が設けられています。

 

個別指導と集団指導

医学部予備校のスタイルには個別指導と集団指導など、その学習指導方法が異なり、その指導方法の違いによって、学費面で違いが出てきます。

まず集団指導ですが、平均的には300万円前後が相場となっています。しかし、テスト料金、テキスト代など、内容としてどこまで含まれるのか、きちんと確認する必要があります。

基本的に大手一般の予備校よりも、医学部予備校の集団指導の場合は、100万円以上は高額になるというのが相場と考えておくべきでしょう。

また個別指導ですが、こちらはさらに高額になります。専属の講師にマンツーマンでの指導になるため、その分費用はかかります。

さらに、個別指導のなかでもカリキュラムをすべてオーダーメイドにするなど、受験生の個人個人に合わせた内容にするなど、その分手厚い指導を受けられるため、合格への道は確実になりやすいという利点もあります。

予備校選びにおいては、費用の高い低いだけでは簡単に選ぶことができないポイントです。金額と内容を照らし合わせ、一番ご自身にあった場所を選ぶのが大切です。

 

大手予備校と医学部予備校の違い

大手予備校と医学部予備校では、費用面だけでなく、カリキュラムやサポート面で大きく違いがあります。

医学部予備校がこれだけ学費面で高額になるのには、それだけ医学部進学が困難なものであり、かつ社会的にみても、医療従事者の必要性は大きくなっているからです。医者はもちろん医療従事者、そして医学研究者も同様です。

多くの人の命を守る医療従事者に課せられた社会的な期待は大きくなっている今、医学部進学にはそれに応えられる高い人間性も求められています。

こうして求めらる高い人間性に応えられる能力を得るためには、より高度で精細な講師陣が欠かせません。また医学部受験のために集約する情報もより厚く深く必要となるのです。

医学部予備校がこうした状況に対応できるよう、講師陣や設備、情報を駆使し受験生に提供しています。そのため、大手予備校よりもかかる費用は大きくなり、学費の面で金額に違いが生じてしまうのです。

大手予備校と医学部予備校の違いについて、詳しくはこちらをご覧ください。

 

医学部予備校の学費を抑えるには?

特待制度を活用する

どうしても高額になってしまう医学部予備校ですが、その学費を抑える方法がいくつかあります。その一つが特待制度の活用です。

特待制度を活用するためには、一定の条件を満たすことが必要です。例えば、予備校の入学試験のほか、特待生試験を受験し、これに合格すること。これは、いくつかの予備校では入学試験の際に、一定の成績をおさめた場合として設定しているケースもあるため、入学試験前に事前に確認しておく必要があります。

次に模擬試験で、一定基準の成績をおさめること。そしてもう一つは、前年度の医学部試験の1次試験に合格しているということです。特待制度は、浪人生に採用される制度であることがほとんどとなります。

こうした特待制度を活用することで、授業料が減額されます。減額の割合はその予備校によって異なりますが、予備校によっては半額になる場合や入学金が免除など、予備校に様々な対応になっていますので事前にチェックしておく必要があります。

 

苦手コースのみ受講する

学費を抑える方法として、苦手コースのみを受講するというケースもあります。この場合には、入学金は支払う必要がありますが、それ以外にはコース料金だけが発生するため、学費はかなり安く抑えることができます。

コースの金額は、その予備校により異なります。例えば科目別コースの場合は数万円から、また夏季特別コース、冬季特別コースなど、季節によってコース分けされている場合もあります。

ただし予備校によっては、一般コースの他に選択を求めるという場合もありますから、事前にチェックしておくべきでしょう。

 

学費比較の際に気を付けたいポイント

医学部予備校の学費を比較する際に、気を付けるべきポイントがいくつかあります。まずパンフレットやサイトで公表されている学費ですが、これだけに終わらないケースがあるということ。

例えば、年度の途中で講習会や特別講義イベントなどが発生するのか否か、明確にされていない場合は、さらに徴収される可能性があります。

こうした点はパンフレットなどで掲載されませんから、口コミや評判などでチェックしておくべきでしょう。特に新しい予備校などの場合には、この点が明確ではありませんから、入学前に事前説明会や体験会に出席して確認しておいても良いでしょう。

また学費比較の際には、かかる費用の面だけでなく、例えば問題が生じた場合の予備校側の対応についても確認しておいた方が良いでしょう。途中で予備校を変えようと思った時、その学費はどこまで支払うべきなのかといったことも必要かもしれません。

学費比較は、こうした目に見えない点まで配慮して確認しておくこと、またその可能性があるかも知れないことを踏まえてチェックしておくと、安心です。

 

学費以外のポイントも確認しよう!

医学部予備校を選ぶ際には、学費はもちろんですが、その予備校自体をしっかりと確認することが大切です。どんな実績を持ち、どんな施設を持っているか、知ることで見えるところもあるのです。

例えば学費について、その内訳が明確になっていれば、支払う際の安心感が違いますが、それと同様にその予備校の実績についても、明確になっている分、勉強の際の安心感を感じるものです。

どこの医学部への進学率が高いか、また近年どんな医学部受験に合格した生徒が何人いるのか、全体の何パーセントが希望する大学に合格したのか。

こうした内訳が明確になっていれば、その分予備校への期待度や安心感は高まり、学費を支払うという点でも不安感は払拭されるものです。

合格実績が細かく明確に示されているということは、その予備校が自信をもって生徒を迎え入れられる看板を持っているということでもあります。

合格実績は、予備校選びの選択ポイントの一つとして、また希望する大学への合格への道筋を決めるポイントとしても活用できるものですから、ぜひ確認しておく必要があります。

また予備校の設備や施設についても、ぜひ欠かさずチェックしておきましょう。例えばご自宅からは通いづらいという環境の場合、寮生活を望むとき、予備校から近いというだけで選んでしまうと、後で後悔する可能性もあります。

勉強は予備校だけでなく、寮での自習時間も重要です。集中しやすい環境にあるのか、食事の面でのサポートは受けられるのか、また生活の面で不自由を感じることは無いのか、こうした細やかな点にもケアに力を入れている寮であるかも欠かさずチェックしておく必要があります。

そしてもう一つ、実際に通った学生が、その予備校にどれだけ満足していたか、この点もチェックしましょう。その予備校の満足度は合否の別だけでなく、実際に通った経験のある人にしか分からないもの。実際の経験者の口コミや評価、先輩OBなどの声も確認しておくことで、予備校選びの満足度も変わってきます。

 

まとめ

医学部予備校の学費は、パンフレットや専用サイトなどでも提示されているため、それらをもとに比較することは可能です。ただし、示された内容だけではその学費を裏打ちする理由のすべてにはなりません。

大切なことは、ただ示された内容だけでなく、それ以外の情報もしっかりと把握して吟味すること。ただ高い、安いという金額だけに振り回されず、その金額が設定されている理由などもしっかりと把握し、納得できるかどうかを確認しましょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、医学部予備校の公式ホームページをご確認ください