医学部の再受験に強い予備校を一括比較|気になる年齢は?

医学部の再受験に強い予備校を一括比較|気になる年齢は?

確実に医学部の合格をつかみたいなら、予備校の選択肢があります。とくに働きながらの勉強はいかに時間を捻出するか、効率良く進めるかが鍵になります。年齢の枠を超え現役の人と競うのですから、さらに厳しい道のりになるのは間違いなく医学部試験専門のサポートを受ける人が多いのも頷けます。再受験で合格するための予備校選びの条件と費用を抑えるために知っておきたいこと、社会人が受験するときのポイントを網羅しています。自分にピッタリの学習環境を探してみてください。

医学部の再受験に強い予備校の条件

希望の進路へ進むために医学部への再チャレンジをするなら少しでも合格に近づける予備校を選択したいものです。大学によって受験回数をシビアに見るところがあり狭き門になるのは間違いなく、年齢制限はなくても慎重に選択する必要があります。医学部の再受験に強い予備校の条件をあげてみます。

国公立・私立大学の両方、または希望の大学医学部受験に対する対策が取れる実績を積んだ予備校であること。私立になるととくにその大学の特色が現れた試験内容になります。通いながら国公立か私立を再度選び直す人がいるかもしれませんが、ほとんどが目指す大学を絞り込んで勉強しています。いくら再受験に強いといっても希望している大学の再受験に強くなければ、その人にとって最良の選択ではなくなってしまいます。

基礎に強い予備校であること。合格した先輩方のコメントを見ると基礎を固めるのが大切だという言葉が目立ちます。基礎は勉強の中身だけを指すものではなく、受験勉強のリズムを乱すことのない環境を基礎とし大事にしていることが受験生のモチベーションを保ち合格へ導きます。

わからない部分を潰すのに常に講師へ質問しやすい雰囲気であることは外せない条件です。個人に合わせた勉強法で問題が解けるようになれば点数アップが期待できます。その人にとってベストな勉強法を身につけ定着させることで大学や社会人になってもあらゆる専門知識を前に戸惑うことは減るはずです。

実績があり、どんなに条件が揃っていても「合格したい」という本人の強い気持ちがなければ続かないというのが現実です。再受験だからこそ取れる受験対策は1つではなく、自分の条件に合った場所を選ぶようにしましょう。

医学部の再受験に合格するには

医学部の再受験に合格するためのポイントをおさえておきましょう。現役の人が受験に強いのは当たり前のことです。社会人から医学部の受験を目指すとなれば勉強時間の確保、環境、モチベーションを保つため仕事を辞めて受験勉強に集中する人も珍しくなく、現役の人たちと比較して年齢的な部分を加算すると相当な覚悟が必要だというのはみなさんも感じておられるでしょう。

合格する近道の1つとして自分のペースで受験計画が立てられること。大手の予備校でよくあるのが偏差値別、希望コースでクラス分けされカリキュラムが決まっているタイプです。決まっていたほうがよいという人もいると思いますが、苦手教科を克服するなら個別で計画が立てるのがベストな選択のときもあります。働きながら受験勉強を進める人だと貴重な時間を無駄にはできませんので効率良く勉強を進めるためにも、専門家の意見を取り入れ自分のペースに合わせた柔軟な計画を立てていくのがポイントです。

目標に向かっていかに勉強する環境に自分を追い込めるか?再受験で合格する人は一人で悩まずしっかりサポートを受けながら勉強しています。その道のプロに頼ることも大切です。

再受験は学習環境を見直す必要がある

再受験には1日勉強で缶詰になることが重要ではなく受験勉強と私生活のメリハリをもたせる生活が大事です。現役と社会人、年齢の差であえて社会人の弱いところがあるとするなら記憶力です。脳の切り替えをすると気分や視野が変わります。これまでの学習環境で合格できなかった原因を知り、勉強法を変えるのが近道です。予備校へ行くからと安心せずに点数を確実に取るため学習環境の見直しを行います。自分の弱点と正面から向き合い、講師や先輩といった第三者のアドバイスを参考にしながら改善していく努力が必要です。

苦手教科の克服とともに出題範囲が広いからこその勉強法があります。講師に指摘されて気付く弱点もあるはずです。弱点を分析し、的確なアドバイスをしてくれるのが医学部再受験専門の予備校です。受験勉強から離れていた人に対してはある程度の学力レベルになるまで余分に勉強時間を見積もることになります。合格するためには弱点を強みに変えなければ点数アップにはつながりません。

同じ失敗を繰り返さず確実に合格をつかむには今までにない勉強法で挑むことです。自宅や学校とは違う学習環境を予備校で手に入れましょう。

費用をなるべく抑える方法

一般的な予備校と比べ医学部専門の費用は割高です。費用を抑えたいなら特待制度や早期入学割引を利用しましょう。個別指導、集団指導、全寮制、オンラインと授業スタイルが選べるようになっていますが、約70万から高いところで約500万と年間金額に開きはあるものの、授業スタイルやコマ数の違いから上を見ればキリがありません。費用をなるべく抑えるための方法を見ていきます。

特待制度で費用をお得にしよう。経済的に厳しい人でも学費が減免になることで受験勉強がよりよい環境で続けられるお得な制度です。選抜試験、面接がありますが複数回の選抜試験を行っている予備校も存在します。費用が半額まで抑えられるところもあり、再受験するなら積極的に狙いたい制度です。

早期入学割引を利用しよう。スタートする時期によって割引額が変わります。受験対策は早めがよいとも言われますが、体験授業を利用し教室の雰囲気、講師陣の授業を比較して複数の中から決めることをおすすめします。

費用を抑える主な方法として特待制度と早期入学割引をあげましたが、現役と社会人の区別はあっても年齢制限はとくにありません。医学部へ進むための基礎となる学力がないと利用できない制度もあるということを知っておきましょう。

社会人経験がある人は学士編入も

社会人で再受験する選択肢の1つに医学部学士編入があります。社会で積み重ねた経験や知識を生かして、医学部の2年か3年に編入します。文系、理系を問わず試験が受けられ、試験科目が一般と比べて少ないのが特徴です。試験科目は生物科学1科目の大学から英語、化学、物理を加えたものと幅があります。そのぶん問題が難しく、大学、大学院レベルで独学では厳しいとも言われており、予備校に通って編入を目指す人がいます。

学士編入にはもう一つの特徴があります。それは時間とお金があれば大学を複数受験できることです。受験費用はかかりますが、複数受験する人が多く倍率も20倍以上が常になっています。それでもセンター試験より受験しやすいことから人気がある受験方法です。

年齢制限がなく勉強する時間が捻出できれば挑戦が可能な学士編入。試験科目数が少なくても難易度は大学院レベルと高くなっていますので、コツコツと勉強をしていける人が学士編入には向いているようです。

ネットの情報を鵜呑みにしない

再受験、医学部専門の予備校について調べているとネット上には様々な情報が溢れています。比較・口コミサイトがありますが、ネット上の情報を鵜呑みにしないことが大切です。

どんなにいいことが書かれていても、その中身がみなさんに100%合致するかといえば答えはNOです。合格した人にとって選択した方法が良かったから結果が出せたのであり、みなさんが医学部専門の予備校を選択するときは教室を実際に訪問し本当に勉強に集中できる場所なのかを判断していきましょう。また気になる予備校を1つだけに絞る前に複数見つけ資料請求をし、自分の望む学校かどうかしっかり比較してみてください。

試験勉強を始める年齢が早いほうがいいのはどの業種でも共通見解です。立ち止まっていては始まりません。大学に合格してもそこは医学の道のスタート地点です。人の命を助ける尊い道を目指すあなたへネットの情報を鵜呑みにせず良い選択ができることを祈っています。

まとめ

大学受験で医学部への合格率をあげるには早いうちからの対策が肝心です。再受験に強い予備校を選ぶ条件には、現役の人たち以上の学習環境が望めること、希望している大学の試験対策や基礎に強く弱点を克服するための講師陣が揃っていることなどがあげられます。医学部専門の予備校になると費用もそれなりに高額です。費用をなるべく抑える方法として、特待制度、早期入学割引を利用すると費用の差額が最大で半額になる場合があります。社会人の再受験の選択肢として学士編入があり年齢制限がなく試験科目が少ないため人気です。しかし大学院レベルの試験内容ですので難易度が高く、学習サポートを必要とし予備校を選ぶ人が多いのも事実です。

この記事をシェアする
【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、医学部予備校の公式ホームページをご確認ください