予備校生活もサポート!大阪で気軽に相談できる現役チューターがいる医学部予備校

公開日:2022.02.28 更新日:2022.02.28
予備校生活もサポート!大阪で気軽に相談できる現役チューターがいる医学部予備校

受験生は勉学面での悩みが尽きず、メンタル面でのサポートが必要になります。しかし、塾や予備校の講師ではどうしても生徒一人ひとりに十分な時間を割くことが困難です。そこで重要になるのがチューターというサポート要員。受験生の悩みを軽減できるチューターの特徴を知っていきましょう。

 

現役医学部チューターとは?

チューターとは塾や予備校の講師とは異なり、授業は行いません。予備校の卒業生や、講師を目指している現役の大学生がチューターとなっていることが特徴として挙げられます。どのような役割があるのか見ていきましょう。

 

受験生や講師のサポートを行うスタッフ

講師も授業外に必要に応じて生徒の疑問点や勉学での悩みを聞くこともあります。しかし、いくら個別授業の予備校であっても、たくさんの各生徒の疑問や悩みに向き合うには時間が足りません。

そこでチューターが講師には手が回らない部分をサポートしていきます。現役医学部生のチューターであれば難しい疑問も気軽に相談でき、忙しい講師に代わって質問に答えてくれるため、受験前の不安な生徒を支えることができます。

 

授業は行わずサポートに徹する

チューターは授業を行わず、予備校の事務や運営サポートなどを行っていきます。教員や塾講師、教育方面を目指している学生がチューターに応募していることが多く、生徒のサポートも熱心に行ってくれます。

時には勉強を教えることもありますが、基本的に授業を通した質問は塾講師が対応し、チューターは生徒の悩みを聞き、アドバイスを行うのが主な業務です。医学部予備校のチューターの場合、現役医学部生医学部がチューターになっているので、悩みを理解してもらいやすく、生徒のメンタル面を支えていきます。

 

チューターのいる予備校を選ぶメリット

生徒のメンタル面を支える役割のチューターですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか?現役チューターだからこそできる生徒のサポートを確認していきましょう。

 

年齢が近いことで気軽に相談できる

講師は生徒と年齢が離れている他、お互いに成績アップを目指している関係もあり、勉強以外の相談がしにくい関係です。一方チューターに応募しているのは現役の学生が多く、年齢も生徒と近く気軽に話せることで悩み相談も行いやすくなります。

学生のアルバイトが多いですが、医学部に合格した実力を持ち、将来教員や講師などを視野に入れて動いている現役医学部生がほとんどです。そのため、的確なアドバイスを行ってくれるので、生徒のメンタル面を支える役割をしっかり果たしてくれます。

 

学生目線で欲しい情報が手に入りやすい

講師ではできない現役学生の目線でアドバイスや情報を教えてくれるのもメリットの1つです。志望校の学生がチューターでいれば、今現在の大学の状況や授業内容など具体的な情報を得ることができるため、合格に必要なスキルや勉強方法も理解できます。

大学が今どのような状況になっているのか知ることで、勉学面以外の情報に対する不安も軽減でき、受験勉強に専念できるようになるでしょう。

 

リアルな合格実力と成功体験を把握できる

チューターは現役学生が多く、大学生活や講義の内容などの話を聞くことができます。受験予定の大学に在学しているチューターがいれば、リアルな合格実績を知ることができ、具体的な勉強方法も見えてくるでしょう。

医学部成功体験は大学合格の具体的なビジョンを見せることができる他、特に苦手科目があって不安な気持ちになっている生徒の助けになります。このままの勉強方法を続けても良いのか不安な気持ちを抱えている生徒は少なくないため、チューターからの成功した勉強法は苦手科目を克服することにも大いに役立ちます。

 

チューターのいる予備校を選ぶ際に基準となるもの

チューターがいる予備校だからといって必ずしも良い予備校とは限りません。体制が整っている予備校はチューターも意欲的なことが多く、教え方も上手いのが特徴です。予備校の見極め方について把握していきましょう。

 

専門予備校ならではの徹底したサポートが充実しているか

医学部は他の大学と異なり、合格するには並大抵の努力では足りません。勉学の努力を支えるサポート体制が重要になります。

チューターのいる予備校は基本的にサポートが充実しています。医学部の専門予備校であればチューターも医学生が多く、専門的なアドバイスが受けられます。医学部ならではの悩みを理解し、サポートしてくれるかどうかが予備校選びのポイントになります。

 

いつでも相談 や質問ができる環境かどうか

チューターがいる以前に、その予備校が相談や質問をいつでもできる環境であるかも予備校選びのポイントです。勉強を教えるだけでなく、悩みに寄り添うことが受験成功への道でもあります。

その点を理解している予備校は勉強方法や学習面だけでなく、緊張しないコツや受験当日までのスケジュールの組み方などもしっかり教えてくれます。サポート体制が整っている予備校はチューターの質も良いことが多いので、予備校を選ぶ際の基準として見てみましょう。

 

大阪で現役チューターがいるおすすめの予備校

現役チューターのいる大阪の医学部予備校を一部ピックアップしました。その予備校の独特のフォロー体制やサポート体制を知り、自分に合った予備校を選びましょう。

 

メディカルラボ

1対1の個別授業で生徒一人ひとりに向き合う体制が整っているのがメディカルラボで、大阪には梅田と難波の2か所に校舎があります。自分だけのカリキュラムを組んでくれ、その都度調整もしてくれるため、得意分野を伸ばすことや苦手を克服することができるようになります。

講師と1対1の授業であるため、悩みを相談しやすいのも利点です。加えて質問専任チューターがいるので、講師には相談しづらいことも質問することができます。チューターには誰もが慣れる わけではなく、学力・人柄・コミュニケーション能力を重視して採用している点もポイント。充実したサポート体制で医学部合格を実現できるでしょう。

メディカルラボの公式HPはこちら!

 

MEDIC名門会

1対1の個別指導で医学部合格を徹底的にバックアップする予備校がMEDIC名門会で、大阪駅の南にあるビルに校舎があります。
講師による学習指導だけでなく、自宅での学習環境の改善を提案してくれること。

在籍している現役医大生のチューターはどのような生活環境で勉強が捗るか、メンタルやモチベーションの維持の方法を教えてくれます。生徒1人に対してチームを組んで受験までサポートすることに加え、相談しやすいチューターの存在は大きな助けになるでしょう。

MEDIC名門会の公式HPはこちら!

 

 

医進の会

医学部受験専門でその道のプロが揃った医進の会は合格率も高いのが特徴。大阪の上本町・天王寺・谷町九丁目の3か所にあり、どこも駅からのアクセスが良好です。1対1の個別指導でオーダーメイド授業なので、生徒の一人ひとりに合った授業で合格まで導いてくれます。

個別フォローも充実しており、チューターは5人まで無料で担当してくれ、自分に近い悩みや苦手分野を克服したチューターを見つけて相談することも可能なので安心です。自習中もチューターは各個別ブースを巡回し、いつでも質問に答えてくれ、授業形式で解説も行ってくれます。このような徹底したチューターのサポートで、苦手をしっかり克服できるのが医進の会の魅力と言えるでしょう。

医進の会の公式HPはこちら!

 

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、医学部予備校の公式ホームページをご確認ください