医学部の決め手はオープンキャンパス?上手く活用してより良い大学選択をしよう

公開日:2022.07.06 更新日:2022.07.06
医学部の決め手はオープンキャンパス?上手く活用してより良い大学選択をしよう

大学を決める際には情報収集が重要です。
オープンキャンパスに赴き、実際の学習環境を確認することで明確になり志望校を絞ることに役立ちます。

医学部受験では特にオープンキャンパスの活用は重要で具体的な入学イメージが湧くと共に、勉強するポイントなど受験対策にも役立つため、しっかり活用しましょう。
オープンキャンパスの上手い活用法やオープンキャンパスへ行くメリットを確認していきましょう。

医学部受験でオープンキャンパスに行くメリット

医学部を受験する際には勉学だけでなく、受ける大学を直接見に行くことも大切です。
オープンキャンパスで直に大学の環境を見ることは具体的な入学イメージが湧き、受験勉強のモチベーションを高める点でも役立ちます。
医学部受験でオープンキャンパスに行くメリットを確認しましょう。

学習環境や在学生の状況を直に確認できる

オープンキャンパスの最大のメリットは直接学習環境を確認でき、在学生に会えることです。
校舎の外観、内観、教室などを見ることによって入学した後のイメージが具体的に湧き、勉学のモチベーションアップに繋がります。
在学生のやる気や活気も直に感じることで大学生活を想像しやすいのもメリットです。

医学部では特に、大学内にしっかりバリアフリーが行われているかなど確認できるのも利点でしょう。
その大学の意識や配慮が分かる部分でもあり、こういった部分は直に見なければ理解しづらいため、オープンキャンパスの存在が非常に重要になります。

面接の際に役立つ情報が得られる

オープンキャンパスは面接の際にも役立ちます。
入試面接の際に志望動機を答える際、大学や医学部の環境を把握しておくことで大学の印象を自然と答えることが可能です。

医学部では勉学だけでなくコミュニケーション力や観察力も重要になり、面接ではそれが問われます。
オープンキャンパスで感じた大学の印象、在学生の状況を詳細に答えることにより、面接の際に自身の能力のアピールにも繋がります。

実際の授業を体験しておくのは医学部受験では重要

医学部は他の学部と異なり、授業が特殊であることが多いです。
通常の大学と同じく教員が教壇に立ち、座って授業を聞く授業形態も当然ありますが、実験や実習、実技などの授業形態の方が重要視されています。

医学部も科によって様々ですが、医療現場でしっかり働くためには実践が必要不可欠です。
オープンキャンパスで実習授業が体験できる場合は申し込みを行って、その大学がどのような経験を積ませてくれるか、体験授業で見極めることが重要になります。

他校との比較ができる

実際に大学の環境を確認することで、複数の大学を明確に比較ができるのもオープンキャンパスへ足を運ぶメリットの1つです。
学習環境や授業内容、大学の外観や内観など、実際に確認しなければ分からないこともあります。
実際に確認した上で他の大学と比べることで、より一層目指すべき大学を明確にできるようになるでしょう。

聞くべきこと、見るべきポイント

オープンキャンパスはただ足を運ぶだけは上手く活用しているとは言えません。
受験勉強の合間を使用するため、ポイントを事前に知っておき時間を有効に使っていきましょう。

学生の勉強量やコミュニティについて

難易度の高い医学部を受験するのであれば、オープンキャンパスでは入学後に在学生がどのぐらいの量の勉強を行っているか知っておくのも参考になります。
受験に合格し入学することがゴールではなく、その後に何をすべきかが大学では問われます。
入学後に理想との差を生まないためにも、事前にどの程度の勉強を行っているか在学生に聞いておきましょう。

また、オープンキャンパスでは学生同士のコミュニティ形成についても聞いておくことが大切です。
医学部は他の学部と交流が少ない傾向にあるため、医学部学生のみでコミュニティが形成されていることが多いですが、実際の交流がどうなっているか、在学生にしか分からない部分も少なくありません。
そのため、先輩後輩の関係やサークル活動など、オープンキャンパスでしっかり確認しておきましょう。

大学周辺の環境

大学入学を機に一人暮らしを決める人も少なくないため、オープンキャンパスでは大学周辺の施設や環境についても見ておくことがポイントです。
飲食店の数やスーパーやコンビニなど日用品が買える場所、交通機関の利便性もより良い大学生活を送るためには必要不可欠です。
どの辺りに住むのが理想か、オープンキャンパスと同時に下調べを行うことで具体的な通学イメージも掴むことができます。
オープンキャンパス前後で周辺情報をしっかり入手しておくと良いでしょう。

学校のアピールポイント

大学にはそれぞれアピールポイントがあるため、特徴や利点をよく聞いてメモを取っておきましょう。
オープンキャンパスで学校の説明を行う際には必ず学校の良さを伝えているので、聞き逃さないことが大事です。
学校のアピールポイントは面接の際に使える内容が多く、学校側からの説明だけでは足りないと感じたら教員や在学生に質問を繰り返し、深掘りしていきましょう。

オープンキャンパスではより有益な情報 を得るチャンス

オープンキャンパスは大学のサイトや資料には載っていない情報を得る絶好の機会となります。
入学後にも役立つ情報を得ることで、さらに具体的な大学生活のイメージとはっきりした目標を立てることが可能です。
直接見聞きすることで得られる有益な情報に注目し、オープンキャンパスを最大限に活用しましょう。

在学中の国家試験合格率

国家資格が多い医学関連の仕事では、在学中に試験を受けておくことが求められます。
その大学の医学部が国家試験合格に効果的な授業を行っているか受験前に確認しておくことも大切です。
詳しい合格率が学校の資料などに載っていない場合、オープンキャンパスでしっかり聞いておきましょう。

卒業後の具体的な進路先が分かる

オープンキャンパス時はまだ受験前であるため、卒業後の進路を考える余裕がない人も多いでしょう。
その大学に入学し、どの道に進んでいくのか具体的なビジョンを持っている人でなければ合格を勝ち取ることは難しくなります。

大学によって特化している分野も異なり、それに伴い進路先も当然変わってきます。
研究費の使い方なども異なるため自分の進路に合った学びができるか、しっかり確認しましょう。

現役医学部生に役立つ受験対策を聞いておこう

現役医学部生たちは難関である試験に合格した強者ばかりです。
オープンキャンパスでは先輩たちに受験対策について意見を聞ける絶好のチャンスでもあります。

どういった勉強方法が良いかモチベーションを保つにはどうすれば良いのかなど、受験を乗り越えたからこそ分かることが多くあります。
現役医学部生に受験生の時に行っていた対策を聞いて、自分自身の勉強に活かしていきましょう。

オープンキャンパスに行くべきタイミングと情報入手方法

 

オープンキャンパスは大学を決めるための情報を入手する手段の1つです。
行きたいと思う大学が複数ある場合は早い段階からオープンキャンパスに赴き、情報を集めて比較していく必要があります。
オープンキャンパスに行くべきタイミングと情報入手方法を確認していきましょう。

オープンキャンパスは1年と2年の間に行こう

大学受験は早い段階から準備を行うことが求められます。
難関大学であればあるほど、受験と入学を早くにイメージしておくことが大切です。
明確にイメージするためには2年生までにオープンキャンパスに行くのが理想ですが、受験準備をより早い段階で行えるので、1年生のうちに行っておく方がメリットは大きいと言えるでしょう。

地元の大学で足を運びやすい場合は、志望校が決まった3年生の時に再び足を運んでみるのも良いでしょう。
1年や2年の頃とはまた違った印象や見られなかった大学の特徴を見つけることができます。
また、最新の大学の情報を取得しておくことは面接にも役立つため、余裕があれば足を運んでおくのをオススメします。

第一志望の大学は必ず一度は行っておこう

遠方の大学に受験する場合、勉強の時間を割くのを躊躇いオープンキャンパスを諦める方も少なくありません。
しかし遠方だからこそ、一度は大学に足を運んでおくことが重要になります。
面接対策はもちろん、ネットや資料だけでは確認できない大学の環境を知ることでモチベーションアップにも繋がるため、第一志望の大学のオープンキャンパスには、一度は足を運んでおきましょう。

オープンキャンパスの情報はサイトで確認

各大学のオープンキャンパスの情報は大学のサイトに記載されています。
志望校が決まっている場合は日程を確認し、事前に質問内容など用意しておきましょう。

志望校が複数ある場合や明確に大学が決まっていない場合は、医学部のオープンキャンパスを検索できるサイトなど活用するのも1つの手段です。
大学名や所在地、日程からの検索、複数の情報をまとめて確認できるのが利点であり、サイトによっては直接資料請求も可能です。
上手く情報入手して、効率良くオープンキャンパスに足を運びましょう。

オンラインオープンキャンパスも活用しよう

近年の世界的に流行した感染症の影響もあり、オンラインオープンキャンパスも多くの大学で実施されています。
日程がどうしても合わない人や当日に体調を崩して行けなくなった人も、オンラインオープンキャンパスを活用することでスマホやパソコンから学校の雰囲気を知ることが可能です。

オンラインオープンキャンパスでも通常のオープンキャンパスと同じように学校の先生に直接質問することができます。
説明や資料など画面で確認しながら質問できるので、通常のオープンキャンパスよりもメモが取りやすいのが利点です。
通常のオープンキャンパスとオンラインオープンキャンパスをどちらも利用することで、より明確に大学への受験と入学イメージを固めることができるため、上手く活用していきましょう。

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、医学部予備校の公式ホームページをご確認ください